学校行事としての夏休み

夏休みは世界的に広く実施されている(特に温帯に属する国々)が、その目的は各国によって異なる。夏季の暑熱の回避が主因となることが多いが、学事年度間(アメリカ合衆国)、夏季の伝統的な慣習の存在など、他の要因が実施の副要因となることも多い。

日本の教育機関の場合、正式名称は「夏季休業」といい、校舎などに冷房設備がない場合が多く、太平洋高気圧支配下での授業が暑熱のために困難であるため、その間を休業とするためとされる。そして、その期間に期待される教育効果の主たるものは、普段学校では体験することの出来ないことへの児童・生徒の挑戦とされる。 また、以下のような目的も考えられる。

自営業者や農家などの家庭における、家業手伝いを行いやすくするため
薮入りの習慣の影響
欧米等での学事年度間の夏休みの影響(詳細は、アメリカ合衆国の項目を参照)
教員採用試験や教職員の研修など、通常(授業等の実施中)では行いにくい校務の実施。
教職員の休業(後述)
企業などでも、従業員・構成員を一斉に休ませ休業する場合の夏季休業、ないしは従業員・構成員が夏季に取得することのできる夏季特別休暇・夏季休暇を平たく言う場合、このように称する。

小学校・中学校・高等学校の夏休み期間は全国一律ではなく、その土地の気候や風土により期間の長短がある。公立小学校・公立中学校の場合、日数は原則として学校を管轄する市町村の教育委員会が定めている。大学の場合は、カリキュラムや前期試験・中間試験の時期により異なる。 2007年度は、はしか流行による休校に伴い夏休み期間が短縮される学校も多い。

小学校〜高等学校]
夏休みの期間は、日本では7月下旬から8月末までが一般的である。

北海道や北東北、長野県などの寒冷多雪地域などの地域では7月21日から8月20日頃までとし(北海道は基本的に7月26日頃から8月18日頃までが多く、道東の一部や山間部、離島など場所によっては盆明けの8月17日からという地域もある)、代わりに冬休みが長くなる。

ただし、2002年に始まった週5日制や、ハッピーマンデー制度により海の日が7月20日から7月の第3月曜日に移動したこととの関係により、2003年頃から、遅いところでは7月27日頃から夏休みに入る学校も出てきた。
東京都葛飾区でも、校舎の冷房設置も進んできたことや、学校週5日制施行により授業時間が減ったことによる学力維持対策で、2005年度から中学校の夏休みを約1週間短くした。また、関東以南の一部の高等学校でも進学校を中心に、授業時間の確保を目的に夏休みを短縮し、8月中に始業式を行う学校が増加している。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。